アースデイin佐久:Blog
«Prev |
カテゴリー: 2011年
(2011年04月05日)
4月4日 19時よりアースデイin佐久ブース出展の説明会が佐久勤労者福祉センター会議室で開かれました。
DSC_0125.JPG
沢山の方が集まり、資料が足りなくなった!
60ブースが参加の予定です。
真剣に聞いてますね〜。
当日は晴れますように!
DSC_0134.JPG
挨拶する田村実行委員長

会場で見てもいたかったYoutubeがありましたが、機材の関係で見てもらえませんでしたのでここに載せておきます。


カテゴリー: 2011年
(2011年03月25日)

より大きな地図で R-DAN 市民放射線測定数値マッピングhttp://bit.ly/r-dan 協力:EarthDay- Tokyo を表示

R-DAN 市民放射線測定数値マッピングhttp://bit.ly/r-dan 協力:EarthDay- Tokyo
放射線検知器R-DANとは
http://www.r-dan.net/r-dan/intro.htm
以下HPより↓
R−DANはRadiation Disaster Alert Networkの略で直訳すれば、放射線災害警報ネットワークです。8000kmも離れた日本まで放射能雲がやってきた旧ソ連のチェルノブイリ原発事故をまのあたりにして、原発の安全神話は崩れ、人々は原発事故に恐怖を抱くようになりました。そして原発事故の際に、いかにして身を守るかを考えました。政府や電力会社は情報隠しをして事実を知らせないだろうから、住民自らが検知器を持って放射線データを把握し、原発事故が起きたときには、できるだけ被曝を避けるように行動しようという発想でR−DANは始まったのです。今では全国に900台近くの放射線検知器を設置して、住民が原子力関連施設周辺の放射線を監視しています。
測定値をご提供くださる方は、Sakuma.S.Junko★gmail.comまで
有志によって随時手動更新中です! 協力:#wtnv
================================
*放射線・放射能の単位換算ツール(簡易)
http://bit.l/hemkan
あくまで“簡易”の単位換算です。説明をご参考ください。
================================
カテゴリー: 2011年
(2011年03月16日)
 実行委員の酒井です。今日、3月16日は、厳しい冷え込みが戻ってきました。外では雪が舞っています。
 被災地の苦悩や福島の原発のニュースを見ると、どうしても心が沈みがちですが、今のところ無事な場所にいる人間が頑張らないでどーするよと、自分を鼓舞してます。今の自分たちに出来ることを、一つずつ積み重ねていこうと思います。
 2011年のアースデイin佐久まで、あとひと月あまり。アースデイだからこそできることを積み重ねるために、希望を拓く春のために、なにかしなくちゃね。
カテゴリー: 2011年
(2011年03月15日)
アースデイin佐久
2011年は東北地方太平洋沖地震により現在開催内容を含めアースデイを検討中です。
震度M9という大変な災害が起きてしまいました。
また、福島原発も余談を許さない状況が続いています。
被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
さて、そのような状況の中、アースデイの実行委員の中でも何らかの援助ができないだろうか?そんな話が出ております。
アースデイだからこそできること、これから考えていけたらと思います。
皆さんのご意見、お知恵をいただければ幸いです。
カテゴリー: 2011年
(2011年02月06日)


2008年のテーマ

「なにが大事なんだろう」

地球にとって、未来にとって、私の人生にとって、「なにが大事なんだろう?」立ち止まり考えてみる。
誠実に、純粋に、謙虚に、そして真剣に考えてみる。
自分を見つめ、自分を知り、自分に正直に生きること。
それが、地球と共に生きることのできる、もうひとつの道であり、最後の道かもしれない。
«Prev |